業務用カラオケ機器の耐用年数

業務用カラオケ機器の耐用年数

業務用カラオケ機器の耐用年数 スナックやカラオケ店などで使用している業務用のカラオケ機器の耐用年数は、何年程かをネットで情報収集してみたところ平均は5年程と記載されていました。ただどのメーカーのモノかや使用頻度や状況によって耐久年数は大きく変わってきます。利用者が多いカラオケ店ならフル回転で使用するので1年くらいで駄目になってしまうケースも少なくないのです。

近年カラオケ機器の故障は頭脳とも言えるハードティスクに問題があるケースで、通信カラオケの場合はほとんどこの故障と言えます。年々ハードディスクの容量は大きくなっていますが、耐久性までは変わりません。そして故障したら修理するのではなく、本体末端ごと取り換える事も多いと言えます。特にカラオケ店などは集客の為に最先端のカラオケ機器を設置しているお店が多いので、耐用年数ギリギリまで使うということはあまりしません。1年から2年くらいでどんどん新しいモノに変えるお店も結構あります。

カラオケ機器などの減価償却を行う場合のポイント

カラオケ機器などの減価償却を行う場合のポイント カラオケ機器などの設備を所有している飲食店の経営者にとっては、確定申告に向けて適切な減価償却を行って早期に書類を作成することが重要です。特に接客や食材の仕入れで忙しい経営者が多い事情もあり、申告書類の作成では税理士事務所を利用するケースが多いです。またカラオケ機器の法定耐用年数は5年間と定められており、毎年購入金額の2割ずつ経費に算入することが可能です。しかし飲食店の中にある設備や什器の種類は多種多様であり、個別に法定耐用年数を調べて計算する必要もあります。

確かに一覧表で耐用年数を調べることはできますが、実際には素人には分類が難しい設備があるのも事実です。けれども飲食店向けの経営サポートに強い税理士事務所を利用すると、カラオケ機器の減価償却も含めて経理上の問題をスムーズに解決することができます。償却を行うときには定額法と定率法から選ぶ必要がありますが、届け出を行ったうえで定率法を選んだほうが税制面で有利になります。

新着情報

◎2019/5/14

業務用カラオケ機器の耐用年数
の情報を更新しました。

◎2019/3/6

家庭用のカラオケ機器
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

会社内に置くと福利厚生に
の情報を更新しました。

◎2018/11/26

鉄人システムがおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/9/14

すきっととは
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「カラオケ 業務用」
に関連するツイート
Twitter